車を手放す際には、車査定とディーラー下取りのどちらかを選択する方が多いと思います。

どちらの買取額が高いかというと車種や色、車の状態にもよりますが、買取額が高い可能性のある車査定を選ぶと良いでしょう。

なぜなら、ディーラーが行う下取りは標準査定価格を基にしていますし、新車の値引きを含んだものが提示されることが大半のようです。

そのため、価格交渉が難しくなると思いますし、車本体の価値がはっきりしないままです。

ですので、ディーラー下取りよりは車査定を選ぶ方が賢い選択だと言えるのではないでしょうか。

ずっと乗用していた車を買取業者に引渡してしまったら、新たに車を買うまでに時間がかかってしまうこともあるでしょう。

買取業者の中でも、代車を貸すところも増加しているようです。

早めに話しておくと早めに代車を準備してくれることもあります。

その他、代車を貸し出すシステムのあるディーラーが増えてきていますから、そちら側にも話をしてみましょう。

車を売るときには、小傷はそのままでも構いません。

ただ、査定前に掃除くらいはしておきましょう。

収納スペースを塞ぐものは最小限にとどめ、屋外保管で外側が汚れているときは、洗車するといいでしょう。

普段使っているカーシャンプーでサッと洗えば十分だと思います。

頑張って鉄粉落としなどを使いまくると、塗装ごととれる可能性もあるので、あくまでも清潔感を目指してください。

屋内保管でも、走っていればホイール周りは汚れるのできれいにしておくと良いでしょう。

それだけで見違えるようになります。

営業さんも人間ですから、マイナス面を減らすことで少しでもプラスになるでしょう。