車を買い替える際には、今までの車をどうするか、というのも大事な問題で、手間暇を考えてディーラーに下取りに出したくなるかもしれませんが、それよりも買取業者に頼んだ方が、多くの場合において、相当お得になるという事実が、一般に知られるようになってきました。

お店に出向く手間をかけることなく、自宅、または出先であってもネットが利用できる環境があれば査定額が大体どれ位になるのかがわかります。

それができるのが、車査定サイトと呼ばれるものです。

メーカー、車種、車名、年式などといった基本的な項目を埋めていくだけで、数十秒から数分ほど後、判明します。

マイカーの買取下取り価格は走行距離によってかなり左右します。

例えば10万km超えの車だと下取り価格は大して望めないです。

でも、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、年間で1万km以内の走行距離の車であるなら下取り価格が高くなるかと思われます。

総距離が少なければ車の状態が良いとの判断となるのです。

私が知る限りでは、実際の査定では、走行距離がまずチェックされます。

中古車を査定するにあたって、一番重要になるのが走行距離だと言われています。

10万キロオーバーの車でも、問題なく売れるのかというと、それぞれに条件が違いますが、正直に言って、難しいと思います。

とはいえ、購入需要がある軽自動車ですとかプレミアがついているような車でしたら、査定額が上がるという話もあります。