自家用車の買取サービスには、離島等でもない限り手数料はかかりません。

もっとも、売主が負担するべき出費はあって、たとえば車の名義変更をするのに買取業者に手続きを委託するのであれば代行手数料が必要です。

代行手数料の支払いは、査定金額と相殺してもらえるなら現金のやりとりは必要ありません。

相殺しないときは契約を締結したあとで現金で担当者に渡したり、指定口座に振り込んだりします。

また、手続きの際には売主側のほうで印鑑証明と住民票をそろえる必要がありますから、印紙代として数百円ほど必要になります。

車の売買契約をしてから買取金額を減らされてしまったり、クーリングオフ不可というトラブルが多く発生しています。

契約書をしっかり読んでおかないと後で困るのは自分なので、面倒がらずに目を通してください。

特に、キャンセル料の有無は重要なので、しっかりと確かめるようにしましょう。

なんの変哲もない中古車なら自動車の買取に出すことで高く売ることもできますが、事故を起こした車となると引取りして貰えるだけでも十分と考えるかもしれません。

しかし、近年では事故車であっても一括査定でいくつかの買取会社に査定をしてもらうと、想定以上の高値で買い取りをしてもらえる可能性があるのです。