私が知る限りでは、実際の査定では、走行距離がまずチェックされます。

査定の中でも、一番重要な査定ポイントは走行距離です。

走行した距離が10万キロオーバーの車でも買い取ってもらえるかは車種によっても違いますが、なかなか困難なことです。

とはいえ、購入需要がある軽自動車ですとかとてもレアな車だったら、高く買い取ってくれる場合もあるそうですよ。

車の出張査定が無料かどうかというのは、中古車買取業者のホームページを確認してみればすぐに分かります。

もしも、査定に関した情報が少なくて、そういった点が掲載されていない時には、直接電話をして確かめましょう。

出張査定で費用が掛かってしまうのはバカらしいことなので、多少、面倒であっても事前に確認をしてみてください。

車の買取にかかる手数料は、査定を依頼するときと同様で無料です。

あえて必要な経費といえば、車の名義変更手数料でしょう。

売主でなく買主側で変更するのが慣例になっていますから、買主は代行手数料という形で支払います。

名義変更にかかる代行手数料は査定価格から相殺してもらうのが一般的で、そうでない場合は契約書にサインしたのち、営業担当者に支払う場合もありますし、現金の扱いを禁止している会社では後ほど指定口座に振り込むことになります。

そのほか、細かいことですが、所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、発行手数料(印紙代)がかかりますが、あわせて5?600円程度です。

郵送請求の場合は時間がかかることに注意してください。