買取にはいくつか書類が必要ですが、その一つが印鑑証明です。

実印登録をしているなら、その市役所、あるいはその出先機関で2枚用意しましょう。

この頃は証明書の発行がコンビニなどでも受けられるようになっていますし、自動発行の機械を設置している役所も増えてきました。

ここで留意するべきは、証明書は新しいもの、具体的には一ヶ月以内に発行したものを用いることです。

古いものは使えないので気を付けましょう。

古い年式のものや状態の悪い車の処分を考えた場合、残念ながらお金にならないこともあります。

例えば、需要が少なく10年以上乗った車や走行距離が10万キロを超えてしまっているもの、また、改造車や著しい劣化が見られるもの、動かない故障車や事故車などは査定結果が0円という事も多いそうです。

しかし、業者によってはこうした車を専門に取り扱ってくれる業者があります。

あまり状態が良くない車を手放す方はそうしたところにお願いするのが一番良いのではないかと思います。

車の査定においては、なるべく高い査定額をつけてもらいたいものです。

そしてそのための交渉のやり方があります。

一つの例を紹介します。

まずはじめに、あたりをつけたいくつかの業者から、見積もりだけもらってくるようにします。

価格に関しての交渉はまだしないでおきます。

出してもらった金額の、一番高いところを基準にして目当ての業者と交渉をスタートさせます。

話がスムーズに進めば、基本としていた金額より、さらに上乗せした額をつけてもらえることがありますが、値をつり上げようと何度も繰り返すと、本気で売る気はなさそうだと思われてしまうこともあり、それは都合が悪いですから、その辺の対応には注意が必要です。