この頃では、出張をして査定をする買取査定業者が増えてきています。

指定の日時にお客様の自宅に査定スタッフが来て、車の現況をチェックして査定を実施します。

その買取査定額に納得出来るようであれば、売買契約をして、車は業者へ引き取られていき、数日後にご自身の口座に買取代金が振り込まれます。

自家用車の買取そのものには手数料やサービス料などはかかりません。

しいて言えば、車の名義変更に伴う費用でしょう。

もし買取業者さんに代行してもらうのなら手数料をいくらか払う必要があります。

名義変更にかかる代行手数料は買取価格から差し引く形が多いようです。

そうでないときは、契約書を記入したときに別に支払うこともあるので、事前に確認すると良いでしょう。

それと、あまり大きな額ではありませんが、売却時には元の所有者の印鑑証明書と住民票が必要なので、発行手数料(印紙代)がかかりますが、あわせて5?600円程度です。

郵送請求の場合は時間がかかることに注意してください。

業者を利用して車を売却するとき一番たいへんなのは査定までというのをご存知でしょうか。

提示された金額を了承すると、きちんとした会社の営業マンならこちらが書類を渡すだけであとの手続きは業者のほうで済ませてくれます。

必要なのは、実印、印鑑証明、車検証、自賠責保険証、最新の納税証明書などです。

住所変更は住民票や戸籍の附表が必要です。

あと、忘れてならないのは車のキーとスペアキーです。

代金の支払い時ですが、最近は担当者に現金を持たせない会社も多いので、振込先となる口座も用意しておきましょう。