実際に車を買い換える時には、いくつか選択肢があります。

けれど私の場合、ディーラーに下取りに出さず、中古買取査定の専門業者に頼むようにしています。

パソコンかスマホでネットに繋いで、一括査定サイトに行き、そこにある入力フォームに車種や電話番号など必要事項を記入して登録をすると、業者の方から電話かあるいはメールで連絡がきます。

例外もあるかもしれませんが、多くの場合、4つか5つくらいの業者から連絡があります。

連絡がきたら、そこで大体どれ位の値段になるかを尋ねます。

そうやって値段がわかったところで、良さそうな業者を二つ三つ選びだし、他の業者は電話できっぱり断ってしまいます。

車を査定する際、事故車であると認められた時は、通常の査定よりマイナスになります。

だからといって、事故にあったことをごまかすようなことは諦めた方がいいでしょう。

なぜなら、後になって事故車であるという嘘が露見してマズい状況に巻き込まれる姿が容易に想像できるからです。

中古車買取業者は、数え切れない車を査定してきたのですから、うまく事故歴を隠蔽したつもりでも、いずれ明るみに出てしまいます。

心の平静のためにも、誠実に事実を話した方がいいでしょう。

車の下取り価格というものは走った距離によって大きく開きが出てきます。

10万kmを超えた車では買取下取り価格に期待は持てません。

だけど、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、1年間で1万kmぐらい走るぐらいの普通車だったなら査定額、下取り価格も高くなりやすいです。

総距離が少なければ車の状態が良いと判断されているわけですね。