買取業者を利用して車を売却するときには、スタッドレスタイヤの有無すらプラス査定にはならないようです。

タイヤに付加価値がつかないのなら、タイヤ専門店やオークションサイトで売却したほうがトクというものです。

しかし比較的雪が深い地域ではスタッドレスは必需品なので、そういった地域では車につけておいたほうが買取価格がアップする可能性があるかもしれません。

タイヤの状態によっては、交渉してみると良いでしょう。

長年乗った車。

高く売るつもりはなくても、安値で買われるのはイヤですよね。

だったら、ひと手間かけて同業他社に競合させて見積りをとるのが一番良い結果が出ると思います。

僕は査定時にさんざん粘られて(むこうが粘った)、「今日決めていただけるならこの価格で」と言われましたが、まさにコテコテの営業トークです。

「うちなら」価格は「よそなら」どうなのと思うのは当然です。

それに、1日くらい待たせても相場がかわるような品物ではないですよ。

落ち着いて考えればわかることです。

競合見積りであることを伝えると、値付けも変わってくるでしょうから、納得できる売却先を選べば良いと思います。

リサイクル料金はすでに支払済みの車を下取りに出した時には、資金管理料金というものを差し引いた分が返ってくることを初めて知りました。

実は、今までは知らないことだったので、次からは、買取査定業者に査定を依頼したら、リサイクル料金についてはしっかりチェックをしたいと思います。