カローラといったらトヨタの代名詞といえるくらい、長い間、高評価と人気を集め続けている自動車であります。

トヨタカローラの特徴というとよい燃費で経済性が高く、室内空間が広くて、乗り心地が快適で、長時間乗っていても、疲れることがない安定走行、荷室が広くので使いやすいことなど、町ノリだけではなく、レジャーにも使える車です。

車が事故を起こしていたケースは、完全に修理をした後に査定をしても、事故を起こす前に比べて査定価格が大幅に低下することを査定落ちと呼ばれています。

格落ち、評価損ともいいます。

完璧に修理をして、性能に関しては劣化がなくても、事故車両という嫌な印象だけで査定落ちになってしまうこともあります。

車のコンディションは査定において大変重要な見どころとなります。

正常に作動しない箇所がある場合、はっきりとわかるような大きなヘコミや傷がある場合は、大幅な値下がり原因となってしまいます。

走った距離は基本的に少なければ少ないほど査定額が上がると思ってください。

新品の車を買って5年が過ぎている場合なら、3万キロとか4万キロだと満足のいく評価が得られます。