車を売る時に、少しでも高く売りたいと思っているなら、様々な会社に査定をして頂いてから売ることを決めたほうが賢明と思います。

なぜなら、その会社により査定額、又は条件などが違うことがあるからです。

後で後悔しないように、複数の査定を受けるようにするのが良いでしょう。

自分の車を売却する際には書類を色々用意することが必要になります。

中でも、自動車検査証、要するには、とても重要な書類なのです。

また、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書。

印鑑証明書など譲渡証明書、様々な書類を用意しておく必要があります。

あとは、実印も必要になってくるので、ちゃんと用意することが大切です。

車査定では、走行距離の長い車であるほどマイナス要因となります。

特に10万キロ超えの車だと希少価値があって、高い相場で買い取れる車種でも、ほぼゼロ円に近い値段だと予想しておくべきでしょう。

もし走行距離が同じなら、使った期間が短い方が低い査定となります。

短期間でより多くの距離を走ったと判断されるのが普通です。