事故車のような訳ありの車を売る場合は、果たして売れるのかどうか考えることもあると思います。

買い換えるのが新車だと決定していれば新車購入時にディーラーに下取りの相談を行うのが、一番確かでしょう。

車買取業者に持ち込んだ場合、一般的な買取と同じように年式であったり、走行距離であったり、部品状況であったりで価格が決まってきます。

現行の型で、さらに純正の部品のみなら割と高い値がつけられます。

業者に車を買い取ってもらう際の流れは、WEB上の一括査定サイトを利用して買取業者を選定し、その後、現物査定をお願いするというのが一般的な流れだといえます。

一括査定までは半ば機械的な流れともいえますが、現物査定となれば対面でのやりとりになるので、交渉次第で買取額を上げられる可能性があるのです。

もう少し時間があるという方は、複数の業者から現物査定で金額を聞いてみて、それをもとに価格交渉を行ってもよいでしょう。

妻の第二子の妊娠がわかったのを機に、独身のころから乗っていた車の代わりにもっと大きな車に買い換えました。

いつもお世話になっているディーラーに下取りに出しましたが実際、下取りしてもらった経験はなかったので、「勉強させていただきます」の言葉を鵜呑みにしてその価格で即決してしまったのです。

妻は、下取りイコール値引きだとしか考えていませんが、僕はそうではないと思うんです。

買取査定のほうも検討してみるべきだったと思うと、無性に残念な気がしてたまりませんでした。