車の買取に関する疑問では、所有者本人以外でも売れるのか?というのがよくあります。

実際、夫名義(妻)、親名義(子)、兄名義(弟)などは多いですからね。

車の所有者の名義が自分以外になっている場合は、勝手に売ることはできませんので、名義人の方の印鑑証明と実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、代理人の方でも売却できます。

車の名義が金融会社になっているときは、そのままでは売却できません。

そちらの支払いを終えていただき、名義変更してからなら売却可能です。

査定を受けることが決まった車について、さて車の傷を直したらいいのか放置するのか悩む人は結構多いみたいです。

わずかな傷で自分で直せるようなものは、直して査定のマイナス要因を消しておくのが良いのですが、別に修理に出さなくても問題ないです。

なぜなら傷を直したことでいくらか査定額がプラスされても修理代金の方が大きくなってしまうからで、自分で直せないくらいの傷なら修理しないままで査定を受け入れるのが良いでしょう。

家族が増えたので8年間乗ってきた車を買い換えました。

ディーラーで、以前乗っていた車は「お乗りになりますか」と聞かれたので「いいえ」と答え、そこで自然に下取りという流れになりました。

買い換え自体初めてだったので、「値引きできない分、下取りのほうをアップしました」と言われ、その額で決めました。

同行していた家族の手前、言い出せませんでしたが、僕が思っているより下取り額が安かったので、車買取のほうも検討してみるべきだったといまだに後悔しています。