買取で高値が付く車というとなんといっても軽自動車です。

「足代わりに安い車が欲しいというお客さんから一定の需要がある」「お客さんに貸し出す代車としても使える」といった話を中古車屋さんで耳にしたことがあります。

近年では車体が普通車並に大きい軽自動車も流行っており、家族で乗るために買うという人もいるようです。

軽自動車は燃料費や税金の負担が軽く、中古市場で人気なので、買取査定で有利なのも頷けますね。

マイナス査定の要因になり得るものとして、平均で1年間に1万キロ以上走っている、車色が好まれない、外観のキズ、汚れがある、車のパーツに破損が見られる、車中でのタバコ等があります。

特に、故障等での修理がなされているかどうかは下取り額に差が出る原因となります。

もし、修理されていた場合下取り額は大幅に下がると思われます。

何十年も経っているという車でも、中古車業者に買取を依頼すれば、高額での査定が期待できる場合もあります。

一例として、メーカーの生産台数が少ない車などは、コレクションの対象としての価値が加わってきます。

マイナー車種でも人気車種に変わるチャンスがあるわけですね。

買取額で1円でも得をしたいなら複数の業者の査定を受けるのが何より大事なことです。

それと、自分の車がいくらで買い取ってもらえるかの相場をあらかじめWEBで調べておいてもいいでしょう。