事故で壊れた車は廃車にするより査定を受けた方が絶対にお得です。

事故で故障した車には値打ちがないと思われるかもしれません。

しかしながら、事故で壊れた車であっても、使える部品はたくさんあり、国外での需要が見込めるのです。

さらに、事故で壊れた車でも専門業者が修理すれば再び乗れるようになるケースもあり、思ったより、高額で売れるできるケースもあります。

車買取の順序は大まかにはこのような通りです。

まず始めに申込みを行います。

電話での申し込みや直接来店して依頼するやり方、インターネットを使って申し込みする方法もあります。

申し込みが済んだら、査定が開始されます。

買取、査定を担当する者が車の状態などから買い取り金額を割り出し、その額に納得できたら成約となります。

以上が買取査定の流れです。

最近では、出張査定をしている中古買取業者が増えてきています。

指定の日時にお客様の自宅に査定スタッフが来て、あなたの車の状態をチェック、確認し、査定を行うのです。

出された査定額に納得できたら、車の売買契約を締結し、車は引き渡して、数日後に口座へ契約した金額が振り込まれます。