二重査定という制度は中古車を取扱う業者にとっては好都合な制度ですが、ユーザーにはかなり不利な制度です。

悪質業者となると、この精度を巧妙に利用して、大幅に査定額を下げることもあります。

二重査定制度で発生する問題を防ぐためにも、申し込み前に契約書にしっかり目を通すこと、査定時に正確に車の状態を伝えることが重要ポイントとなります。

少しでも査定額を高くするためにも、特別な魅力点を持っている場合には、堂々と隠さずに交渉の材料にしていきたいものです。

限度を超えたしつこさになってしまうと、むしろ逆効果になることも考えられますので気を付けることも必要です。

他の方法としては、決算時期を狙ったり、一括査定のサイトを使ってみると査定額がアップする可能性があります。

自分の車を買取に出す際には、複数社の査定を受け、最も高値となる業者を選ぶのが得策ですが、他の業者にも一度査定してもらった以上、どう言って断ったものか思いつかない人もいるかもしれません。

難しくとらえなくても、他の業者で買取が決まったと正直に言えばそれでいいのです。

業者名や買取額を具体的に言ってもいいと思います。

もしも、その都度断りを入れるのが億劫だという方は、最初から同時査定を利用するのがお勧めです。