買取業者の査定を控えた時点で、さて車の傷を直したらいいのか放置するのか悩む人は結構多いみたいです。

小さくて浅い、自分で修理可能な傷だったら、処置してきれいにしておくのがベターですが、お金を使って修理に出すのはおすすめしません。

なぜなら傷を直したことでいくらか査定額がプラスされてもまず修理代の方が高くなるためで、ですから大きめの傷は修理しようとしないで現状のままプロの査定を受けてしまうのが良いです。

車の査定を受けるのであればその前に、ちゃんと洗車を済ませておくべきです。

査定を行うのは人ですから当然、汚いまま酷使された車より丁寧に扱われたきれいな車に気持ちを入れたくなるというものでしょう。

それだけでなく車に汚れがついていると、わずかなへこみや小さな傷の有無が黙認できませんから、そこで査定額が減らされる可能性もあります。

それから洗車をする場合、普段念入りには洗わないタイヤまわりも手を入れておくといいですね。

愛車の下取り、査定価格では過去何キロ走ったかによりだいぶ左右します。

例えば10万km超えの車だと下取り、査定価格の期待はできないです。

でも、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、年間、1万km以内の前後の普通自動車だと下取りの査定額があがりやすいです。

実際の走行距離が少ない方が車の状態も良いとの判断となるわけなのです。