買い換え前に乗っていた車はもう何年も乗った車で、ちょうど車検期間も残り少なかったので引き取ってもらうにしても無料引取りになると思っていました。

なので、新しい車を買ったディーラーに無料で引き取りをお願いしたのですが、しばらく経った後、その引き取ってもらった車がそこそこ高値で店頭に並んでいるのを目撃しました。

それなら買取業者を当たって査定をお願いし、買取金額をちゃんと調べておくべきだったと今になって悔しく思っています。

中古車の買取で契約をかわした後に減額されていた、他にも取引後に突然減額されたという噂をブログなどで見る事があります。

引き取った後は減額をしない、というのが普通の感覚だと思います。

売買契約書にサイン、もしくはハンコを求められる前に、減額するときがある、と説明されていたかどうか、それと、どのような状況、理由から減額になったのかで取れる対応などは変わってきます。

事情を聞いた後、自分の中で納得する事ができないという時は買取をやめてもらい、一度考え直すのが一番だといえます。

私が住んでいるところはちょっと有名な港町です。

窓からは遠くまで海が見渡せて、暑い夏には涼しい潮風が吹き、それなりに快適な暮らしではあるのですが、困るのは潮風で車がボロボロに傷んでしまいます。

ここ以前に住んでいた海から離れた場所では、車が錆びてしまったなんていうことは考えもしなかったことです。

今の愛車は車の下取りに出して、きれいな新車を手に入れたいところです。