買取査定業者に売却依頼するときは、その車の走行距離で査定価格に大きな違いが生じます。

一般的には1年10000kmと言われており、それより走行距離が上か下かで、査定額も上下します。

走行距離が少なければ標準の査定額よりアップします。

しかしこれが10万超だとマイナス査定というより、値段がつかないこともあるようです。

もっとも、これは単純な目安に過ぎません。

車の種類や状態によっても幅があるようです。

車を査定に出すとわかりますが、買取業者によってその額は異なります。

相場以下の値段で愛車を買い取られてしまうのは残念なことです。

そんなことのないように、最初から買取業者を選んでしまわず複数の業者から見積もりを出してもらうのがよいでしょう。

ですが、ネット上で依頼して出てきた見積もり額と実際に出る査定額とは往々にして異なるものですので、少し気を付けておいた方がいいです。

極端な話、ネットの見積もりで高額査定を出しておきながら、相場よりずっと安い査定額をつけてしまう所謂悪徳業者もいるのが現実です。

中古車の査定を進める時には、買取業者やディーラーに車を持って行きます。

そして、査定を受けるのですが複数業者の査定を受ければ、価格を比較できます。

けれども、ある程度は査定額が分かっていた方が手間がかからず、簡単ですね。

メールのみでやりとりできる業者もあるのかというと、多くの業者が対応してくれるようでした。

無料で出来るところが多いので、一度、メールでの査定をするのが良いと思います。