車査定を受ける前に、以下のことをやっておきましょう。

どんなところでも、一社の査定だけで売却するのは賢くありません。

今は一括査定サイトもあるので、できるだけ自分の条件に合った業者を見つけられるように比べることが必要です。

現物査定の前には、車の内外をきちんと掃除しておいてください。

また、少なくとも車検証と納税証明書がないと査定を受けられないので、当日提示できるようにしておきましょう。

中古車を購入しようとするときに気になってしまう条件といえば、年式に加えて、走行距離になるでしょうね。

一般的に、中古車の走行距離はというと、年間で1万kmくらいと考えられます。

そのため、10年乗って10万kmくらいが一般的な中古車の走行距離になります。

実際に車査定を受けるなら、ふつうはやはり、3月が最もおススメだといいますよね。

なぜそうなのかというと、生活環境が一新する4月は、車が必要になる人が多くなり、中古車市場が最も大きく動く時期なのです。

欲しい人が増えるという事ですから、見積もりも多少は高くなる傾向にあります。

忘れてしまいがちですが、自動車税の関係もありますから、3月中に査定も売却も終わらせてしまうというのが最善だと言えます。