中古車を売るならまず査定を受けることからスタートです。ウェブで簡易査定を受けた後、業者による実車査定を終えてから、正式な見積額が出てきます。

納得がいかなければ断っても構いませんし、それで良いと思ったら車検証など必要書類一式や印鑑証明などを揃え、契約という運びになります。契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった作業を終了したあと、買取代金の支払いがありますが、現金ではなく口座振込みが主流です。

これで金額が合っていることを確認したら売却の手続きはすべて終わったことになります。車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、見積金額が高くなることが期待できます。その上、シルバーは定番色であることにプラスしてボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。

これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、プラスの評価をつけてもらうのは厳しいです。

流行のボディカラーだとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間に流行が廃れているかも知れないからです。車のローンを完済する前でも買取業者に売却することは可能です。

もっとも、車検証の所有者が売主である場合に限られます。所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、ローンを返し終わるまではローン会社所有の車ということになりますから、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。しかし、ローン途中でどうしても売却したい時は、ローン会社に申請して許可が出れば、車の売却益を返済に充当するという条件つきで売ることができます。

車の査定は走行した距離が少ない方が査定にプラスとなります。

走行距離が多い程に車の状態が劣化してしまうからです。

そうではあっても、走行距離のメーターをいじってしまうとそれは詐欺ですから、走行してしまった分は仕方がありません。

この後からは、車を売ることを頭に入れておき無駄には走らないようにすることをお勧めします。

車を売った際に、買取トラブルが生じることもあります。

中古車を引き渡した後で事故修理による形跡が見つかったとか、走行中に変な音がするなど、様々なトラブルが存在します。なるべく中古車の買取、売買のトラブルが起きないためには、ちゃんと信頼性のあるような買取業者を利用することが重大だといえます。自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

きれいに掃除するわけは2つあります。

1つめは車の扱いが丁寧なオーナーであると業者にアピール出来る点です。

もう一点の理由は、自動車の中に染みついているいやな臭いを軽くする効果があるからです。車内に煙草やペットの臭いがある場合、その程度にもよりますが大幅に査定金額が下がっても致し方ないと言えます。

嫌な臭いの原因になっているものは車内の汚れですから、車内の細かな箇所まで丁寧に掃除してあげることでなるべく臭いのない車にすることが可能なのです。大抵の中古車買取業者においては、査定にかかる時間は単純に待っているだけの時間を除外するとおおよそ15分弱でしょうか。なぜかというと、査定する時点での車種ごとのオークション等の平均額を基にしてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、走行距離などに応じた減額、加算をしたら簡単に最終査定金額を出すことが出来てしまうからです。自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、値段がつかない場合も出てきます。

例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは査定額が出ないことがあるのです。たくさんの会社で査定してもらったとしても同じように買取額はつかないと言われたときにも、廃車にすることを前提として買い取る業者に引き取ってもらう方法もあるので、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

車を売る際、ディーラー下取り依頼と、買取業者に売るのは、どちらがよいのでしょうか。

最近は、一括査定などを使って、査定買取業者にお願いする人が増えています。

しかし、決まって買取業者の方がいい選択だとは限りません。

例えば、決算期やお正月の下取りキャンペーンを行っている時期にはディーラーに売った方が得になることもあります。

乗用車というのは掛け替えのない財産の1つなので、いらないと思った時にはみっちり準備をすることが不可欠です。

特に、業者に売却することを決めた場合、金額などの交渉が必要です。

思い残すことがないようにするには、じっくりと考えることが鍵になります。