自治体の消費生活相談窓口や国民生活センターにはいつも大量の中古車取引の相談が寄せられています。特に中古車売却についての事案は増え続け、減ることがありません。内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、断っても執拗に営業電話が来て困っている、頼みもしないのに訪問査定に来て、帰ってくれないので契約したが解約したいといったものです。

悪質な業者に当たったときなどは、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するのが大事です。

諦めてはいけません。

ディーラーへ車を下取りに出す場合には結構、多くの書類が必要になるのですが、その中の一つが自動車納税証明書です。

もしも、納税証明書を失くしてしまった時などは、税事務所といったところで再発行を申し出る必要があります。

車に関した書類は、失くすことがないように常日頃からちゃんと管理を行うことが大切です。車の買取には印鑑証明が必要になります。

実印が必要になるので、登録をしている市役所、または出先機関でも結構ですが、2通入手しておきましょう。

この頃はコンビニなどで発行できる場合もありますし、役所でも機械で自動発行できるところが少なくありません。

気を付けなければならないのは、証明書は一か月以内の発行でなければならないことです。取得日付のあまり古いものは使用できません。

車の査定をしようかなと思う一方、個人情報を把握されるのは困ると思う方もいるでしょう。中でもネットを使った一括査定を申し込むと、複数の買取会社に自分の個人情報が提供されるのが不安な気にさせられますよね。

そうは言っても、日本の法律でどのように個人情報を扱うかは厳しく定められているので、基本的には安心することが出来ます。

お子さんがいてチャイルドシートを使用している場合、その車を処分しようと思ったら、実車査定前に撤去しておきましょう。中古車の見積りではそれらは加点される項目ではありません。

しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものは購入希望者は多いため、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、値段がつかないということはありませんし、美品のブランド製品などはこちらが思っているより高額で売れることがあります。普通は、車を売ったときに買取会社などから査定書が発行されることは珍しく、査定書が欲しいと言っても出してくれないことが多いです。遺産相続の手続きの際や、自己破産申告を行う際の資産証明などで車の査定書がどうしても必要になった時には、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に中古車の査定を申し込まなければなりません。

自動車査定協会の支店は国内に50ヶ所以上存在していて、有料での査定になっています。それと、査定してもらうためには前もって予約しなければなりません。車売却の方法には、先ずは街中で良く見かける買取専門店に出すこと、ディーラーに下取りしてもらう方法、ちょっと珍しいケースでは個人でオークションに出品して車を売却する方法が存在します。

オークションに出そうとするときには、車体の内外の画像や状態を説明する文章をなるべく他人が読んで分かりやすく表記することが面倒なトラブルを回避する上で避けては通れない事柄です。

できれば、売却成立前に画像だけでなく実物をじっくり見てもらってから契約をするようにしましょう。

これ以外に重要だと感じた事柄については、「念書」などをきちんと作ってサインと捺印をしてもらうと安心できますね。

買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類について述べると、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、特別に前もって準備することはないでしょう。売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、印鑑証明、および自動車税納税証明など専門的ないくつかの書類が必要になるのです。

最近、結婚したり転居したりして住所や姓が変更していて、書類の内容が正しく訂正されていない場合には追加の書類が何枚か必要になってくるので、このような人は早め早めに確認して書類を用意しておくと後で楽ですね。以前、知人の使用済み車販売業者の方に、12年乗った愛車を査定してもらいました。私的には、廃車寸前だと言うことで、買い取ってもらえるのかどうか不安でしたが、、車の買い取り金額は3万円でした。

のちに、修理されたその車は多くは代車として再利用されるそうです。車を高く買い取ってもらうには、買取先の選択が何にもまして重要になります。

一括査定を利用すれば買取額が比較できるので、他よりも高い額で買い取ってくれる業者を選ぶといいかもしれません。また、買取前に車内を綺麗にしておくことも秘訣と言えるでしょう。

最低でも、人目に付くゴミや埃くらいは掃除しておきましょう。オーナー自身は気付きにくい部分ですが、忘れずにニオイ対策もしておきましょう。